編集の仕事で作られる出版物|原稿を素敵にコーディネートする仕事

カラーチャート

企画などの立案

本

求人として人気がある仕事の中には、出版関係の仕事が挙げられます。特に雑誌などの編集に関する仕事は、実際に製本されるものの内容に深く関われるだけに、執筆した人と共に出来上がった本の完成に達成感を感じることができるでしょう。出版関係の業務において、編集が行なう仕事は、印刷する出版物の内容を企画することです。出版社では、取材によって作成されたライター記事と、小説やマンガなどの作品を出版する創作物を主に販売します。記事であれば、どのような方向性の記事を書くかを初めに専属ライターと話し合い、取材するテーマや日程などを決めていきます。創作物であれば、作品の執筆者にどのようなテーマの作品を作るか、話の大まかな起承転結を決める事を行うのです。さまざまな内容の印刷物を出版しますが、テーマは何でもよいというわけではありません。出版社では会社が主に出版している物の方向性や、近年売れている出版物の特徴など、マーケティングによる視点からもテーマを模索しなければならないのです。さまざまなデータから、必ず売れるという見込みのある出版物を作り出すために、大きな貢献を行なうのが編集の仕事なのです。

編集の仕事では、企画を立案した後も多くの仕事を行います。執筆者へのスケジュール管理や取材先へのアポイントを取る事などさまざまな業務を担当するのです。記事のライターであれば、取材などの日程を細かく調整し、ある一定の期間内に記事としてまとめるようにスケジュールを組みます。創作物などの作品を出版する場合となると、制作においての進行は完全に執筆者個人に委ねられるので、ある程度は執筆者の自由にさせる必要があります。しかし、雑誌を出版する期限はきちんと守らなければならないので、制作の進行によっては執筆者と相談し、どうすれば期限内に提出できるかといったアイディアを出す必要があるでしょう。編集などの仕事は通常、出版物を読む側からは仕事内容は不透明ですが、著名な作家などと知り合い、お互いによりよい作品を作り上げるために尽力できるとして、求人でも編集の仕事を希望する人は多いのです。